ヒゲ脱毛の痛み

ヒゲ脱毛の痛みはどのくらい?

多くの方は痛みが嫌いだと思います。中には癖になるような痛みもあるのですが、あまり一般的ではありません。どんなことでも痛くならずにできるのであれば、それが一番ですよね。ひげ脱毛においても、痛みが気になるという方が多いのではないでしょうか。特にレーザー脱毛の場合は、レーザーを照射します。その時どのくらいの痛みがあるのかというのは気になるポイントです。
ヒゲ脱毛をすると精神的にもメリットがあります

実際に痛みがあるかどうかは、施術する担当者の技術力によっても異なります。 とはいっても、受ける側としては誰が技術力が高いかは判断できません。 また、そういった方を指名するというのも少々気が引けてしまいます。

しかし、レーザー脱毛をしているクリニックでは麻酔を扱っているところがあります。 麻酔クリームを塗ったり、表皮麻酔や笑気麻酔などです。笑気麻酔は笑気ガスというものを吸うだけなので、とても簡単です。 歯医者などでもよく使われていますね。

ちなみに、レーザー脱毛では輪ゴムを当てられたような痛みがする、と表現されることが多いです。 確かにそのとおりなのですが、肌質や出力によっても異なります。 出力が高ければその分痛みも増しますし、肌が腫れてしまうこともあるのです。

麻酔をしていればこういった痛みが軽減されます。 とはいっても、麻酔をしていても痛みを感じることはあります。 どんなに麻酔をしていても最高出力ならば痛みを感じるのではないでしょうか。

また、麻酔は痛みは抑えてくれますが腫れを抑えてくれることはできません。 仕事帰りに寄って、そのまま電車に乗ろうと思っても周りの目が気になる、といったこともあります。 あらかじめ担当者とのカウンセリングでその点の希望も伝えておくと良いでしょう。

ちなみに、脱毛はエステサロンでも医療機関でもやっています。 しかし、麻酔は医療行為にあたるのでエステサロンでは受けることはできません。 より痛みが気になるということであれば医療機関を利用すると良いでしょう。

また、エステサロンでやっている光脱毛やフラッシュ脱毛などはレーザー脱毛よりも痛みが弱い傾向があります。 痛みは人によって違うポイントなので、不安な点があれば気にせず相談するようにしましょう。


ヒゲ脱毛のレーザー照射って痛い?

レーザー照射による髭脱毛を受けようと思っている方々が心配されていることの一つに、「痛み」があるのではないでしょうか。 人間誰しも、変な性癖でもない限り、痛いのは御免被りたいものですが、私はその中でも特に「痛い」のは苦手です。

とはいえレーザ脱毛は気になるし・・ということで、痛みを最小限にして髭脱毛する方法がないものかと色々リサーチして見たところ、脱毛時に麻酔を使っている所をいくつか見つけました。

麻酔にも様々な種類があり、「笑気麻酔」「表皮麻酔」「麻酔クリーム」等々、それぞれ異なった特徴を持っているのですが、私は「笑気麻酔」を使用しているクリニックをチョイスしました。

手順としては、レーザー脱毛の前に、吸入器を口に当てて「笑気ガス」と呼ばれるガスを吸い込みます。 すると、何か飲みすぎて酔っ払った時に似た感覚になってきます。 これによって、脱毛時の痛みを緩和させる訳です。

笑気ガス自体は、歯医者さん等でも鎮痛のために使われています。 「笑気」と呼ばれるだけに、ゲラゲラ笑うような感じなのかなと思いましたが、そんなことはなく、前述のようにほろ酔い気分、という感じですね。 効果は中々のもので、低出力のレーザー照射では、ほとんど痛みを感じることはありません。

麻酔を利用する場合は、1回に1,000円~3,000円ちょい位の費用が別に発生します。 とはいえ、レーザーの出力が高くなれば、痛みも比例して大きくなりますので、ある程度の覚悟は必要です。 痛みのイメージはというと、ちょうど輪ゴムを伸ばして、パチッと皮膚に当てた時のような感じ、と言われます。

照射の後もしばらく腫れと痛みが残ります。 私の場合は、出力マックスで照射した時に、痛みと腫れが1時間程度残りました。 家族にはレーザー脱毛のことは内緒にしてましたので、しばらくネットカフェで時間をつぶしてから帰りました。 さすがに口から下を真っ赤に染めて帰宅するのはまずいと思いましたので(笑)